☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆おすすめ記事☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

宅配買い取りリファウンデーション!もう使わないブランド品をお小遣いに代えました。 - 恋愛よみメモ!

一気読みしたいなら、マンキツよりDMMコミックレンタル - 恋愛よみメモ!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆おすすめ記事☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

気になる職場の好きな男性へのアプローチ方法は?

毎日仕事をしている職場にいる男性が好きになってしまった、よくあることです。そうなると、アプローチしたくなるのは当然のこと、まずは2人だけの食事に誘いたくなってしまいますよね。

f:id:mouralife:20170908180020j:plain

目次

職場の男性へのアプローチ方法は?

f:id:mouralife:20170908180121j:plain

 

でも、なかなか誘いにくい!好きであればあるほど誘いにくい!!

仕事を通して、いろいろな会話をしていると、相手のリアクションから、相手も自分に好意を持っているかも知れないという期待感がある場合があります。

好意を抱いてくれているという確信を持つことは非常に難しいですが、好意を持たれている可能性はまずないだろうというのは分かります。ですから、ネガティブな感じがなければ、アプローチをすべきだと思います。

毎日会えるというメリットを存分に生かす!

f:id:mouralife:20170908180418j:plain

 

職場にいるわけですから、毎日顔を合わせて、接触する機会があるので、このメリットは大いに利用!相手からの好感度をアップさせるための行動をする機会は多いわけです。

彼に対して小さな親切を日々繰り返しましょう。あなたが好意を抱いているなら、親切にする材料なんていくらでもあるでしょう。彼があなたに対して嫌悪感を持っていなければ、あなたの親切に対して鬱陶しいとかという気持になることはまずないはずです。

その親切によってあなたへの好意が強くなっていく可能性は高いです。このように布石をつくってから、2人だけの食事に誘うわけですが、ここでちょっとした作戦を考えたほうがいいでしょう。

彼と食事をしたい!その戦略は?

f:id:mouralife:20170908180453j:plainあきらかに2人だけということを前面に出して誘うと、断られやすくなるかもしれません。本当はあなたに好意を持っていて応じたいけど、軽く見られたたくないといった心理が働いて本音に逆らって断るかも知れません。まあ、ちょっとした強がりでしょうか。

 

そこで、2人だけというのが意図したものではなく、偶然そうなったというように演出をして、彼女が応じやすい状況を作ったほう成功率がアップすると思います。演出方法は職場環境や状況によって色々あると思います。

例えば、気の置けない仲間がいれば、事情を説明し、協力をしてもらえばいくらでも演出は出来るでしょう。そうして、2人だけの食事の場が持てて、会話が盛り上がれば一歩前進するでしょう。この後は、そんな小細工をしなくても堂々と2人だけということを前面に出して誘えるというふうになればいいですね。

 

私の成功体験談を紹介!

f:id:mouralife:20170908180538j:plain

 

私は職場で、ある男性に対して好意を持ってしまいました。職場では、彼ととても気があって良好な関係でしたが、やはり2人だけの食事に誘いたくなってトライしたのです。職場には普段から彼も含めて一緒に飲みにいく仲間がいたのに、2人だけで誘ったことに不審感を抱、意外にも応じてくれました。2人だけの飲食は大いに盛り上がりました。

 

私はこのとき、彼も私に好意を持っている可能性を感じて内心、喜んでいました。そして2週間ぐらいしてから、また2人だけの食事に誘ったら、2人だけでの食事は辞めましょうとショックな対応をされてしまいました。

 

断られたけど、関係は進展?!

f:id:mouralife:20170908180609j:plain

 

 

その夜はなかなか眠れませんでした。これで、職場でも、彼女とはギクシャクして会話も出来ないかもと思いました。しかし、これは意外にも私にとっていい状況が続いたのです。今まで以上に彼は私に対して親しげな感じで接してくれて、彼のプライベートな悩みなども私に相談することが多くなり、とてもリラックスして悩みを打ち明けてきたのには驚きました。

こうなると、また2人だけでの食事に誘いたくなり、実行しました。でも、今度は2人だけとなるのは偶然となるよう演出をしたのです。営業関係の職場だったので、日中でかけている人間が多いのですが、仲間が皆出かけていて、その日は会社に戻らないと分かっている日に、終業間際にこう言って誘いました。

むしょうに寿司が食べたくなった、みんなで行きたいと思ったけど、誰も帰ってこないみたい、と。そしたら、彼は自分も食べたい感じなので、行きましょうよ、と。飛び上がらんばかりに嬉しかったのは言うまでもありません。2人だけというのを前面に出さなかったから、彼が応じやすかったのかもしれません。